6月の休診日

6月11日(日)はセミナー開催のため休診になります。ご迷惑おかけいたします。

2月12日に第2回オスグッドセミナー開催します

2月12日に名古屋駅前にてオスグッドセミナーをやらせていただきます。第1回目も2組のお子様をセミナー形式でやらせていただきました。今回も患者さんを募集いたします。

(募集)2組。2月12日に名古屋駅前の会議室に来られる方。約20名位の先生方の前でオスグッドの施術を行います。

時間は夕方頃になります。

動画撮影が大丈夫な方。

(施術費用)無料でやらせていただきます。一切治療費はいただきません。

 

前回も大変好評でした。来ていただけたお子様も痛みが取れて喜んでおられました。この機会に是非ご利用ください。

いつでもお問い合わせお待ちしております。

オスグッドで困っているお子様募集します。

オスグッドでお困りのお子様を募集しております。12月11日に名古屋駅前でオスグッドのセミナーをやらせていただきます。

時間は13時~16時の間で会場に来られる方に限られます。勿論施術費は無料とさせていただきます。

15名程の先生方の前でセミナー形式で施術をやらせていただきます。どこへ行ってもオスグッドが良くならないお子様

がおられましたら、ぜひこのチャンスにいかがでしょうか。通常両膝9720円が無料になります。御連絡お待ちしております。

 

オスグッドになる子供とならない子供は何が違う?解明しました。

柏原健美接骨院院長の細萱です。

オスグッドになる子供とならない子供は何が違うのか。今現在、オスグッドについてネット検索での情報、他の治療院の先生方のオスグッドについての知識はほぼ同じでしょう。今からこちらに書かれている内容は事実であり、実際に当院で普通に起きている事であります。ですから、オスグッドのお子様をお持ちのご両親の方に是非読んで頂けたら幸いです。今、巷にでている情報は以下の通りです。

①大腿四頭筋の緊張により、脛骨粗面に張力がかかり痛みを出していると言われた。

②大腿四頭筋が緊張しているからストレッチをして柔らかくしなさいと言われた。

③スポーツは休むこと。成長期だからしょうがないと言われた。

④体のバランスが悪い、姿勢が悪い、骨盤が歪んでいる、歩き方、走り方、ホームが悪いと言われた。

⑤成長痛なので、ある程度回数はかかりますよと言われた。

⑥電機治療器を当てて、超音波、ストレッチをして大腿の筋肉をマッサージをする治療をしている。

 

と、まあ大体こんなものでしょう。ここから事実を書いていきます。

①~⑥まで全て間違いです。もし今現在、このようなことを言われた、やっていますという方はすぐにやめましょう。

時間とお金の無駄です。そしてすぐにでも当院の治療を受けてください。

そもそも、オスグッドになる子とならない子の違いは何?ある検査法で解明できました。結果、骨端線への刺激の量です。絶対に言える事は大腿四頭筋の緊張が原因は間違いです。詳しい話は一般の方は来院時か同業者の先生はセミナーを受けてください。

治療を受けたその時はいいんだけど、すぐに痛みが戻ってしまうんだよね。という問い合わせも非常に多いです。

大丈夫です。当院のオスグッド治療は痛みが戻る事はありません。ではまた。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

lselin病(第5中足骨粗面部骨端症)

院長のホソガヤです。

今回は成長痛の中でも珍しい症例です。lselin病(第5中足骨粗面部骨端症)です。スポーツをしている、成長期の子供に見られます。

8歳~14歳くらいまでに見られる疾患ですね。

この部位に起こるのは、ジョーンズ骨折と第5中足骨基部骨折になります。lselin病もオスグッドと同じで剥離骨折が起こります。

鑑別診断が非常に重要になってきますね。参考までに載せておきます。

(ジョーンズ骨折)→徐々に痛みが出てきて、腫れ、熱感がある。

(第5中足骨基部骨折)→腫れ、熱感、皮下出血がある。

(lselin病)→腫れなし、発赤なし、徐々に痛みが出てくる、圧痛がある。

すぐに専門の先生に受診いたしましょう。

 

 

 

ジャンパー膝

別名 膝蓋腱炎(靭帯炎)といいます。

下肢のスポーツ障害。ジャンプ動作の繰り返しによるお皿のすぐ下辺りに炎症が起きて

しまう。

経験上、よく間違われるのが皆様も聞いた事があるオスグッド病です。

ジャンパー膝とオスグッドの症状はすごく似ています。

膝の屈曲した時の痛みが一番痛みがまします。酷くなると、膝関節が90度位までしか

まがりません。本人もかなり痛がりますね。

当院はこの様なお子様のスポーツ障害をいかに早くなおすか。早く復帰させるか。

当院独自の矯正法で早期に動けるようにする事ができます。

お悩みの方、一度ご相談くださいね。お待ちしております。

足関節捻挫について

スポーツ愛好家に多いのが捻挫。特に多いのが足首の捻挫。グギッとやっちゃいました。とよく来院されます。 ここでクライアントによく言われるのが明日、明後日の試合に出られるように何とかできないですか。と。 結論から言いますと、症状にもよりますが出来ます。大事なのは、骨折、剥離骨折さえしていなければ大丈夫です。診断後に骨折の疑いが無ければ治療は可能です。 一般的にはアイシングをしてから包帯やテーピングなどで固定をしてしまうのですが、当院は固定はしません。 固定でも治りますが、それでは1週間から10日以上かかってしまいます。固定が外れてから電気治療、温熱療法など行い結局完全に完治するには2週から3週位かかってしまいます。2・3日後の試合に間に合わせたい。当院はこんなクライアントの要望に何とか応えることが出来るとおもいます。

当院と他院のオスグッド病、スポーツ外傷の考え方の違い

入学式シーズンも終わりそろそろ新しい環境に慣れてきた頃だと思います。

柏原健美接骨院院長のホソガヤです。オスグッド病とスポーツ外傷の当院と他院の治療や考え方の違いです。

ネット等で言われている常識は全くアテになりません。100%信じてしまう事がどれほど治癒を遅らせてしまうのか。

学生時代は長くはありません。すぐにでも始めましょう。

(オスグッド)

他院→

①電気治療、超音波治療など機械頼みの治療をする。骨盤調整や姿勢矯正、他の関節の調整をする。

②モモの前後のストレッチをやらせる。テーピング、サポーターをする。

③運動は全て禁止。

④治るまで日数、通院回数がかかる。(結局治療費がけっこうかかってしまう。)

⑤治療後は割といいが、すぐに戻ってしまう。

当院→

①電気治療、超音波治療など機械頼みの治療は一切行わない。姿勢、骨盤、他の関節調整は行わない。そもそもその様な治療は戻りが早い。

②ストレッチは絶対に行わない。やると悪化するから。テーピング、サポーターも治る事はまずない。

③運動は休む必要は全くない。次に日からもどんどんやってOK。

④1回目で痛みが激減し普通にしゃがめる様になる。当院独自のセルフケアさえしっかり行えば2回目は確認程度で終了。

⑤当院独自のセルフケアさえしっかりと行えば、戻る事はない。セルフケアは難しい事はなく超簡単。

 

(足首捻挫)

他院→

①固定する。

②固定するので自然治癒任せで、電気などまた機械頼みの治療をする。保存療法だから人により治る期間がバラバラ。

当院→

①固定しない。

②骨折でなければ特殊治療でその場で動ける様になる。1回~3回の治療で終了。

(肉離れ)

他院→

①固定する。

②固定するので自然治癒任せで、電気などまたまた機械頼みの治療をする。保存療法だから人により治る期間がバラバラ。

当院→

①固定しない。

②部分的に切れてしまい溝ができている筋肉を特殊治療でくっける事ができるのでその場で普通に動く事ができる。力もはいる。

 

はっきり言って他院とは真逆の治療ですね。

おおよその平均治療回数です。目安にしてください。

オスグッド1回~2回、

肉離れ1回~2回、

足首捻挫1回~2回、

シンスプリント(程度による)1回~3回、

セーバー病(程度による)1回~3回、

有痛性外脛骨1回~2回、

その他、野球肩、肘の痛み、手首、膝、腰痛などもいつでもご相談ください。

 

 

 

 

オスグッド、スポーツ外傷の専門院が続々誕生!

昨年からオスグッド、スポーツ外傷のセミナーをはじめました。愛知県の先生方に限定してやっておりまして、すでに専門院として成功されている先生もおられます。

今年から三重県の先生方も増えました。こちらの先生方もすでに子供達をたくさん治しています。

今迄どこへ行ってもオスグッドがなかなか治らないという子供が県外からたくさん愛知に治療に来ておられます。

患者様の御負担にならないように、なるべく自宅から近い治療院をご紹介させていただいております。

只今、名古屋市(天白区、守山区)、豊田市、岡崎市、豊橋市、大府市、稲沢市、一宮市、

県外は愛媛県、静岡県の先生方もご紹介できます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

当院のオスグッド、スポーツ外傷は圧倒的に早く治すか。ここに重点を置いております。

セーバー病、シンスプリント、有痛性外脛骨、肉離れ、側副靭帯損傷、などスポーツシーンでの負傷には独自の療法で完治まで導きます。

そして試合に間に合わせるようにお手伝いさせていただきます。

 

オスグット、スポーツ外傷のセミナー開催 お問い合わせ多数

当院に治療家の先生、整体の先生などからオスグッド、スポーツ外傷のセミナーをやっていただけませんか?と問い合わせがきます。

実は、セミナーは既にやっております。愛知だけの先生に限定してやっておりまして、既にオスグッド、スポーツ外傷の専門院としてやって

いる先生もおられます。かなり結果をだされています。

去年から県外の先生方もセミナーに来ておられます。意外な治し方なので皆様びっくりされます。圧倒的にこなした人数と実績がちがいます。

そして、お子様の治った時の笑顔が自信に繋がります。

スポーツ外傷もほとんど固定はしません。骨折さえしていなければどんどん治療を施せばその場で動けるようにもなります。

当院の技術は圧倒的に早く治すか。明日の試合に何とか間に合わせることができるか。ここに重点を置いております。

技術は裏切らないとはよく言ったもんで、一度覚えてしまえば磨けば一生使えるものなので宝ですね。