足の専門外来柏原けんび接骨院

お知らせ・ブログNotice & Blog

身体が動くということ

当院ではスポーツ選手の治療をする時に、まず筋力検査を行います。

脳からの指令が神経を伝って筋肉に信号を送ります。

神経伝達が筋肉に100%伝わらないと痛み、しびれ、ホームのズレ、

力が入れにくいなどの症状が出ます。

特にスポーツ選手なら今までうまくやれていた事が急にできなくなる

又は打てなくなる、蹴りずらいなど筋肉に100%の神経伝達がないと

パフォーマンスに影響が出てきます。

ここでマッサージをやり筋肉に刺激を入れてしまうと余計に力が入れ

づらくなります。

接骨院などで電気、マッサージをやってしまうとパフォーマンスが落ちま

す。特に試合前にはマッサージはやめておいた方がいいです。

当院はこの神経伝達に着目した施術方法を行っております。

痛みがある時はこの神経伝達がうまく伝わらない状態なので神経を通し

た途端に力が入るようになりパフォーマンスもグッと上がります。

本人も力が入れやすいとわかります。

検査で神経伝達が100%の状態かどうかは筋力検査でわかりますから

本人も納得される事でしょう。

 


2020.3.23