治療の考え方CHALLENGE

自分の手の感覚に
勝るものはない

治療技術にアレコレと無闇に新機軸を加えるような足し算をするのではない。
「蓄積」の多くは引き算の妙技である。
過程をよりシンプルにすること。
私は自分の手の感覚に勝るものはないと考えております。
あなたの体を再生させるのが治療家ならば、
その体をメンテナンスするのもまた治療家である。

コンディションに合わせたアドバイス

クライアント様の日常生活の癖、頻度、管理状態などによってコンディションはさまざまで十人十色。その痛み方もまったく異なる。これらに対応するには、経験、手技が一番必要と考えます。そして実際、当院でスポーツ外傷治療を行うと他院にはない手技で驚かれる方も多いです。 来院されたクライアント様は治療に入る前に問診を行い、お身体を検査して情報を記録し、クライアント様の状態をみながら、筋骨格系のアプローチがいいのか自律神経系や内臓系やクラニアル系なのかを見極めます。どの治療法がベストなのかの判断は豊富な経験が必要です。慢性疾患の深い部分に潜む原因を探り、潜在意識レベルの治療を施したり、急性疾患(スポーツ外傷など)には、患部への直接矯正による手技で早期回復を促す。